債務整理の4つの方法

個人民事再生

個人民事再生について

 

 

個人民事再生は、2001年に始まったばかりの、新しい手続きです。

 

この手続きのすぐれた点は、原則3年間返済を行えば、今持っているマイホームなどの資産を失うことなく、残りの借金が免除されるというものです。

 

この3年間は、収入に応じて支払える額を返済することを裁判所に認めてもらう必要があります。

 

そして、無事に払い終えることができれば、残りの額は免除されるのです。

 

債務をかかえて借金を払えなくなり、自己破産をしてしまうと、家など大きな資産を失って、途方にくれることもありますが、この方法なら資産は残るので、希望も持てます。

 

ただし、個人民事再生を適用するには条件があります。住宅ローンなどを除く借金の総額が5000万円以下で、将来一定の収入が見込まれるという条件つきになります。